家の中で数時間だけ見られる大好きな景色

夜型人間なので、早起きが苦手です。

年をとると自然と朝が早くなると考えていたんですが、身についた習慣だからか、今もなかなか早起きができません。

 

でもたまに覚醒したかのように、バチッと朝早く目が覚めることがあるんですよ。

そんな日は『ご褒美風景』を家の中で見ることができます。

 

 

早起きのご褒美風景

早起き限定で、この窓に朝日が射すこの風景が見られるんです。

「ちょっとマニアックでみいやんさんに共感できないなぁ…」と思われる方がいると思います。

わかります。自分でも、何を言っているんだとオチが思いつかずに困っている最中ですから。

 

 

シェードに映る葉影

でも理屈は何もいりません。

とにかくこの風景が美しい!

窓のシェード、壁、照明、いろんな白がそれぞれの存在をアピールしていて楽しいし。

チラと映る葉影もデザイン的ですよね~。

 

 

実はシェードを上げてもすごいんです。

 

 

窓からの朝日

シェードを上げると、窓から入る朝日が壁に模様をつくるんですよ。

光があたったところだけキラキラしていて、「朝だなぁ」と清々しい気持ちになります。

夜型人間にはいろんな意味で眩しすぎて、思わず手を合わせて拝んでしまいそうなくらい神々しくも感じます。

 

 

最初に書いたように、この景色が見られるのは早起きしたわずかの時間だけ。

これを見ることができた日にはいつも「よし!明日から早起きしてこの風景を見るゾ」と張り切るのですが、残念ながらまだほんの数回ほどしか見たことがありません…。

もう少し年をとったら毎朝見ることができるくらい早起きになるかな?

 

一日のうちの数時間しか見ることができない風景。

「もっとずっと見ていたい。」と思っても、時間がたつと容赦なく消えてしまいます。

こんな場所が我が家にはいくつかあって、それを見つけるのが私の楽しみになっています。

コメント