キシラデコールで濡れ縁が新築のようになりました

スポンサーリンク

濡縁の塗装1

新築から3年半経って、濡れ縁がこんなに色あせてきました。

そろそろ塗装するかな~と、休日の晴れた日に塗り直しを行いましたよ。

 

 

キシラデコールと塗装道具

午前中にホームセンターに買い物に行きまして、塗装に必要な道具を購入。

塗料は施工会社の担当さんがおすすめしてくれた『キシラデコール』に。

 

『キシラデコール』の特徴は、

木に染み込んで内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮してくれるそうです。

 

色は公式サイトを見ると16種類ほど紹介されていますね。ホームセンターに塗り見本が置いてあったのですが、選ぶ色によって雰囲気が変わるので悩む~。

結局、担当さんから聞いていた『ピニー』という色を無難に選ぶ。

濃くも薄くもない、中間の茶色ですね。

 

容量も塗る面積に合わせて数種類から選べたのですが、無難に0.7Lの小さいものにしておきました。

でも二度塗りするつもりが一度目で全部使い切っちゃったので、二缶目を買いにまたまたホームセンターに行くはめになっちゃいましたよ…。

ホームセンターでは1缶4000円ほどで買ったんだけど、その後楽天で調べたら、なんと1缶2600円(送料別)で売られていた!

やっぱ下調べなしでの買いはダメですね。次回からはちゃんと調べてから買おうと誓いました…。

その他に、使い捨てするつもりで油性用の刷毛と塗料を入れる容器を購入。

それでは早速塗っていきましょう!

 

 

キシラデコールで濡れ縁が新築のようになりました

キシラデコールの前にサンドペーパー

その前に、担当さんのアドバイスを思い出す。

塗る前に表面にヤスリをかけておくんだって~。

そこで夫がササッとヤスリをやってくれました。

 

 

濡縁にキシラデコールを塗る1

そして容器に移したキシラデコールを刷毛で薄く均一に塗っていくのですが…

缶の中で分離しているからか、最初の方は色味がシャバシャバと薄い気が。

使う前にかなりよく中身を混ぜておかないとだめみたい。

「前日から缶をひっくり返して置いておく」なんて書いているサイトもありましたので。

 

夫が塗っているのを窓を全開にしてみていたら、塗料の臭いがすごい…。

戸外用と書いてあるのにも納得。

途中で我慢できなくて、すぐに窓を閉め切り家の中から夫が塗るのを眺めてました。夫よ、スマン。

 

 

濡縁にキシラデコール2

半分ほど塗り進めましたよ。

こうして見ると木に染み込んでいるのがわかりますね。

そして思った以上に塗料の色がつくものなんですね。

色選びは大事かも。

あとはやっぱりムラがない方がきれいに見える。

 

で、全部塗り終わったら4時間以上乾かして、2回目を塗りますよー。

1缶使い切ったから乾かしている間に2缶目を買ってこよう。

 

 

などとやっているうちに、2度目の塗りも終わったのでビフォーアフターをお見せします。

 

キシラデコールを塗る前

ビフォー。

塗料が剥げてくすんだ木の色が剥きだしています。

雨が降った時には雨が木に染み込んでいました。

 

 

 

キシラデコールのピニー

そしてアフター。

 

どうです?見違えたでしょ!

木目は残したまま色がしっかりついていますね。

塗りたては臭いもしっかり残っています。

裸足で踏んでみたのですが、染み込むタイプとはいえ塗料を塗った感はあります。これは仕方がないのかな?

 

この数日後、警報がでるくらいの大雨が降ったのですが濡れ縁の上では水玉状態に雨がたまっていました。ビフォーの時は木に染み込んでいたのに。

すべての雨を塗料面ではじいていましたよ。

 

 

このように思っていたより手軽に塗り替えができました。

乾かす時間も入れて、夕方くらいには塗り終わりましたもん。

出来上がりも見た目が新しくなったようにきれいなので満足!

これでまた濡れ縁を楽しめそうです。

 

コメント