工務店・ハウスメーカーの特徴まとめ

スポンサーリンク

 

施工会社をどこにするか決めるにあたって工務店、ハウスメーカー、設計事務所それぞれの特徴を調べたのですが、せっかく調べたのでまとめとしてブログに残しておくことにしました。

ただ調べてみて思ったのですが、こうやって区別してしまわないほうがいいのかもしれないです。

例えば、工務店のデメリットで「デザインが劣る場合もある」という記述がありますが、いろんな工務店をあたってみると、とても素敵な家をつくっておられるところもたくさんありました。

 

以前の記事でも書きましたが、重視したいのは『自分達の希望を叶えてくれる』ところ。

「○○だから工務店に頼もう」「××だからハウスメーカーはやめよう」としてしまわず、会社単体をみて判断するほうが選択肢が広がり、より理想の家づくりに近づくのかなと思いました。

 

そのためには、家への希望がある程度はっきりしているほうが探しやすいのかもしれませんね。

 

工務店・ハウスメーカーの特徴まとめ

工務店特徴

メリット

  • 営業宣伝費が工事費に乗っていない分、ハウスメーカーより割安になる場合が多い
  • 設計、監督、営業など同じ人が行っている場合があり、話が早い
  • その地域のことをよく知っているので気候風土に合った家づくりをしていることが多い
  • 不動産会社や金融機関の情報ネットワークにも乗らないような身近な情報にも精通していることもある
  • 土地情報を持っている場合がある
  • メンテナンスなどの細やかな要望に迅速に対応することを信条にしている会社もある
  • 地元の山林木材を使っていることを売りにしている会社が多く素材に安心感がある
  • ハウスメーカーに比べ要望やこだわりを反映した家づくりができる

デメリット

  • 自社で設計ができない場合がある
  • 設計、監督、営業など同じ人が行っている場合には、専門性が高くないこともある
  • 経営に対する不安がある
  • ハウスメーカー、設計事務所に比べてデザイン、提案力が劣る場合がある

 

 

ハウスメーカー特徴

メリット

・クレームや経営に比較的不安が少ない
・検証を常に行っているため素材や構造の強さに信頼感がある
・豊富な研究結果から間取りやデザインなど暮らしのニーズに添った提案力がある
・規格が決まっているのでどのような家になるかあらかじめわかる安心感
・工期が短いので近隣への迷惑が少なくてすむ(仮住まい費用も)
・豪華なカタログやモデルハウスなどでイメージがつかみやすい
・品質が安定している
・アフターメンテナンスや保証など、付加価値サービスが充実している
・ブランド力がある

デメリット

・間取りや仕様などが決まっていてあまり自由に変更することができない
・広告宣伝費に多くの費用を使っているので、その分が家の価格に乗ってくる
・施工が下請けの工務店の場合がほとんどなので、技術に当たり外れがある
・営業担当者によって家づくり全体の良し悪しが決まってしまう傾向がある

 

建築家/設計事務所特徴

メリット

・デザイン性にすぐれ斬新なデザインにも対応してくれる
・木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造、あらゆる構造にも対応できる
・変形地にも対応できる
・施工会社が選べ、施工会社の選定にもアドバイスが得られる
・施工会社の見積もりをチェックしてもらえる
・施工会社の施工をチェックしてもらえる
・営業マンの人件費を削ることができる

デメリット

・自分の感性に合っているかなど、建築家との相性が問われる
・モデルなど何もない状態からなので打合せの回数が多く、長期におよぶ

 

 

※独自で収集した情報ですので間違っているところや誤解を与えるところがあるかもしれません。

何かお気づきがございましたら、コメントやメールで教えてくださると幸いです。

コメント